は、楽勝だった。
事前整備チェックでアウトだったのは、リアの左ウィンカーで、これは、LEDの極性逆で入れていたのでつかなかった。他の問題はなくて、車検対応、常時点灯アタッチメントを装着しただけ。

 これで、一発で通った。K75Sのときは、スピードメータの追従性が悪いのでメーターテストでアウトとか、ヘッドライドのマウント固定がいい加減で光軸検査で不良とか、スピードメーターがフラフラするとか、全体的に信頼性がよくなかったが、Futuraは、そういう問題はない。メーターは安定しているし、ヘッドライトのマウントもかっちりしてるし、どこかにぶつけたりしない限り、光軸の問題はでないだろう。

 CBR750は、バッテリー不良問題があるし、NX650は点火系不良で治療中なので、今、一番出動が多いのは、Futuraになった。しかし、日本の市街地走行では、CBR750の方が、楽ではある。Futuraは、ハイギヤードすぎて市街地で使えるギアが少ない。CBRも、同じく6速だが、こちらはローギアードすぎて、多分、最高速はFuturaより相当低いと思う。

 ともあれ、ステーターコイル焼損とかで3ヶ月ほどお休みしていたこともあるし、もっと走らないといけない。ツーリングマシンなんだから。。。。。。。