1月2日に、Trumpは、GeorgiaのBrad Raffensperger(Secretary of State)と約1時間の電話会議をおこなった。
議題は、GAの大統領選挙で、11780のTrump票を見つけてくれ、というもの。Trumpは、11779票差で、Joe Bidenに負けていた。

Trumpが、ツィッターで、会議内容について事実と異なることをあげて、Raffenspergerを非難したので、録音内容が公開された。それにしては、音質は大統領側はクリアなのだが、Raffensperger側はクリアでないが。

そもそも、大統領が知事に電話することはあるが、州のsecreatary of stateに直接電話するのは異例だ。だが、Trumpはこれ以外にも、17回も電話しているという。内容は、子供の駄々みたいなものだ。こんなものを1時間近くも付き合わさせられた方も堪らんが。

どちらにも、弁護士が同席していたのだが、大統領側の弁護士はなんだったのだろう、と思う。大統領発言内容は、完全にアウトで、連邦でもGAでも、法律違反で、選挙不正するよう脅している。まとまな弁護士なら、ポリコムかSkypeかのmuteボタンを押して、大統領を止めないといけないのだが。多分、電話会議は、大統領側は、バラバラのところから参加していたのだろうと思う。GA側は1箇所だったみたい。

ともあれ、大統領側は、だれも大統領を止めなかった。たったひとつ可能な解釈は、大統領は言うことを聞かないし、この電話会話内容がバレない、と思っていた、だけだ。

参加者
Donald J Trump
Mark Meadows (WH Chief of Staff)
Kurt Hilbert
Alex XXXXX
Cleta Mitchel(lawyer)

Brad Raffensperger(GA Secretary of State)
Jordan XXXX
Ryan Germany

さて、日本のモリカケ問題でも、似たような局面は、あったが、日本の官僚・政治家に、Brad Raffenspergerのような骨を期待するのは、ないものねだりなんだろうか?

安倍首相”加計学園が、新規獣医学部の設置申請者であることは、審議当日に役人から聞いて初めて知った”
安倍首相"森友学園の小学校設置について有利になるような計らいに、私や妻が関与したことはない。関与していたならば、国会議員を辞職します”