このサイトでは、固着したディスクブレーキピストンを抜くの記事のPVが多いので、改めて、キーになるところをまとめてみた。
なお、ブレーキの形式は、国産純正に多いNISSINの片オシタイプ。対向ピストン形式のものは、ここでは触れない。

1 まず、ピストンを抜くためには、ピストンに圧力をかける必要があるが、これは、問題がない限り車載の油圧系を使う。車載の油圧系で問題がある場合は、別にマスターを用意するなどして油圧を使うのを勧める。エアとかは、漏れなどの問題があり劣る。
2 車載の油圧を使うので、ホースは外してはいけない。
3 最初に、ハンガーピンカバーがあるものは、カバーをショックドライバーを使って外す。
4 キャリパーを車体からはずす。ホースははずさない。
5 ハンガーピンを緩める
6 シングル・ピストンの場合は問題ないが、2個以上ピストンがある場合、全部のピストンを抜ける位置まで押し出さないといけない。1個だけ抜けてしまって、他のピストンがキャリパーにはまったまま、というのは失敗である。ブレーキパッドを順番に抜いて位置調整をしながら、全部のピストンを同じく手で抜ける所まで、レバー操作で押し出す。フルードリザーバーに、液を補充して、空気がはいらないように。
7 で、すべてのピストンが十分キャリパーから押し出されたら、手で抜けるはず。

 で、ここまでいけば問題ない。NISSINの片オシキャリパーは、ピストンのないほうに、パッドをうける爪というべきものがあるので、そこにパッドを当てながら、目一杯ピストンを押し出すと、だいたいグラグラするれべるまで押し出せてるはず。

 もし、どじって、1個だけピストンが抜けて、まだ抜けないピストンがキャリパーに残ってしまった場合、抜いたピストンをハメて、抜けないピストンを油圧をかけて抜くしかないが、その場合、エア抜きしないといけないので、面倒だ。だから、上の6の記述が重要。

 ピストンが抜けない場合、ウォーターパイププライアなどで、引き抜きたいと思うだろうけど、ピストン側面に傷がつくと、そのピストンは駄目になってしまう可能性があるので、厚めの布で巻くなど防護措置は、必要。