一昔前は、ハンドツールの入手先は、ストレート、アストロ、ホームセンターといったところがメインだった。
というのは、実際に観て触って選べるし、待ち時間がないから。それに、amazon.co.jpの品揃えもあまりよくなかったし。だから、修理の途中で、これが必要というのが出たときは、生駒のストレートへ行く、というのを何度もやった。
 しかし、今では、時間がかかっても良いものは、aliexpressだ。なんといっても安いし、ブランド信仰はないし、ハンドツールの品質もよくなった。

 最近では、aliexpressの出品者は、amazon jpのマーケットプレイスに進出してきて直接売っているが、こちらは、値段は高くて、中国から発送がほとんどなので、ETAは遅い。
 ストレートやアストロは、だいたいにおいて、割高感がおおくなってしまって、本当に待てない時しか利用しなくなった。

日本では、ツールのネット通販大手として、モノタロウがあるが、こちらは、オーダー金額3000円以下は送料取りますよ、ということで、やっぱり使い難い。モノタロウ・プレミアムで、年会費500円で、いつでも送料免除なら、もっと商売は広がると思うが、そういうこともやらないみたいだし。

ということで、ストレート、アストロ、ホームセンターのハンドツール・ビジネスは苦しい段階に入っていると思うが、どうするのだろう。