普段の移動手段は二輪だ。だから、SW20の距離は出ない。
Fは、2007年製のPotenzaだが、ひびわれが顕著なのに気づいた。そこで、Fだけ交換することにした。
それで、リサーチした結果、Amazonでタイヤも取り付け先も発注できるので、二輪で金がかかっている分、ここでは、節約して、中国製Winrunの2本組セットで1万を若干割るというものを買った。
 それで、取り付けは、木津川の宇佐美。
 四輪のタイヤを買うのは久方ぶりだが、中国製とはいえ、2本送料込みでこの値段は安すぎる。今の日本ではサイズ60で空気を運んでも800円前後するんだから。Futuraのリアなら、2万円以下で見つけるのは至難の技だと思う。

で、宇佐美・木津川では、少しばかりタイヤ交換に時間はかかったが、問題はなかった。ここでは、タイヤ交換の作業は受けるけど、amazon販売のものと、amazonマーケットプレースの販売のものでは、取扱がちがって、amazon販売のものだけが、取り付け料金が安い。だから、amazonからキックバックなどを受けてるのだと思う。

 SW20のリアの純正サイズは、いまとなっては、ほとんどないものなので、あまり選択の余地はない。
残っているのは、Falken,Toyo, Yokohama, BS,Dunlopくらいで、Falken以外はレーシング指向のパターン。いずれも結構なお値段だが、今のタイヤは溝はまだあるがフルすぎるので、やはり近いうちに交換は必要だろう。