3M のPEIシートの表面が凸凹してきたので、在庫で持っているQidiのBuildTakタイプシートに張り替えた。
というのも、3Mのシートは結構なお値段するので。
 久方ぶりに使うBuildTakシートでは、TPUの造形物は、強固にへばり付いていて、簡単に剥がれない。余りに強固にへばり付いているので、剥がす時に、潰れてしまうくらいだ。
 少なくとも、今使っているSUNLUのTPUの組み合わせでは、イールドが低すぎて実用的ではない。困ったことである。

 そこで、今流行りの磁気式の脱着可能ビルドシートを、aliexpressでかった。これは、2つのシートからなっており、ヒートベッド側のシートは、フレキシブルの磁石シートで、ベット側は接着シートである。もうひとつのエクストルーダー側シートは、フレキシブルのラバーシートで上側は、BuildTak他イプである。だから、脱着可能。

たしかに、こちらの方は、まだ、剥がしやすいのであるが、それでも強固にへばりついていることには変わりない。剥がすためにシートを曲げるのだが、BuildTakシートに曲げが残ってしまいよくない。それで、他の方法を模索することになった。

 ということで、TPUのプリントではBuildTakタイプのシートは良くないという結論になった。