ということで、ファイナルシーズンの最終話を観た。例によって観てない人はこの記事は見ない方が良い。

ダナーリスは、戦に勝ったが非業の死。ドロゴンもアンサリードもジョンを殺さないのと、グレイ・ワームがティリオンをつれて、キングス・ランディングの郊外で残った諸侯と会見するのは変な設定だと思う。普通は、もっと伏線というかストーリーがあるべきだが、ダナーリスが死んで、ほどなく、ティリオンとグレイ・ワームが諸侯に会いに行くシーンとなる。
 あとは、そこそこの終わり方か。ジョン・スノーが壁の北へ行くのも、らしい終わり方だ。全般的に、この最終話は、ちょっと駆け足過ぎたと思う。

 それで、問題は、まだ、未完の原作の方だが。George R.R. Martinという人も若くないので、行きているうちに出るのか、それが問題だ。ドラゴン・タトゥの女のミレニアム三部作書いたスティーブ・ラーソンは、若いのに死んでしまって、残りの切れっぱなしの原稿をもとに別人がまとめたけど、あまり良くないという例もあるし。

 GoTが大変好評だったので、HBOではスピンアウトのシリーズをやるみたいだが。。。。。。
 ともあれ、スターチャネルのサブスクリプションは停止しよう。