4年前の車検でも、2年前の車検でも、クラッチが滑り気味であることを指摘された。
それで、確かに、最近、滑っているな、という気はするので、クラッチOHをすることにした。出先で、つるつるに滑れば、レッカー車のお世話になるしかないので。
 とりあえず、まずは、部品を修理工場に発注してもらって、その後、手術の予定だったのだが、部品がなかなか来ない。で、修理工場に聞くと、3週間くらいかかっても不思議ではないそうである。3S-GE(MR2)のトランスミッション、クラッチが、特殊な形状なのか、もはや、23年落ちのクルマでは、それくらいかかっても不思議ではないのか、不明。
 ちなみに、USにいた時に、当時25年落ちのFB3Sのクラッチを交換したが、その時点で、オドメーターは、24万マイル(39万キロメートル)ほどだった。部品は、すぐ来たけど。

PS
結局、年明けにクラッチOHでプレート交換した。約8万円強。11.5万キロで交換とは早い。ま、日本の駐車場事情も道路事情もよくないので、仕方ないことではあるが、ともあれ、金がかかっているので、車を使わないと損だ。動かさなくても、朽ちる所は朽ちるから。