最近聞いて知ったのだが、JR大和路線の奈良と郡山の間に、新駅、八条ができる。
場所は、済生会病院より南のあたり。で、駅の新設は、場所をとらないので、比較的簡単だから、来年か2020年位に出来るだろう。
 問題は、近くを通る京奈和自動車道の大和北道路である。これは、どこを通すか、どういう工法にするかもめていたが、結局、北側は、平城宮址の東側を地下でとおし、八条で地上に出て、奈良IC。そこから、西名阪郡山までは、高架道路だそうな。
 北側が地下になったのは、景観保持のためだと思う。だから、工費は高い。それで、奈良ICだが、場所はいるので買収しないといけないが、これも高いだろう。さらに、郡山までの高架道路だが、R24の上に作るのは、難しいと思うがどうするんだろう。R24は、南北の大動脈なので、工事中は暫定片側一車線にして、とかは出来ないと思う。今の片側2車線でも、昼間は常時渋滞しているくらいなんだから。やるとしたら、R24を拡幅して、外側に一車線ずつつくり、一番内側の車線を廃止して、その上に高架道路をたてるという阪奈宝来でやった手法だろうか。南端の接続口になると思われる西名阪郡山付近では、工事は始まっていない。おそらく用地買収も完了していないのだと思う。
 率直に言って、大和北道路を造るより、R24を片側三車線化してくれたほうがよっぽど良いと思うが。奈良には、R24以外のまともな南北縦貫道路はないんだから。