ここしばらく、紙の本の読書がつづいていたが、久方ぶりにKindleで読もうと考えて、とりだすと、またパネル割れである。
これで、2回めである。うちのKindleは、2nd generation. 今のKindleは、どーだか知らないが、1-3世代のころのe-inkパネルは、ほんとに割れやすい。
 e-inkは、電力消費が極端に低いのと、コントラストが高いので読みやすいのだが、パネルの前面のガラスが薄すぎ。なんで、iPadのような頑丈なガラスをつけないのだろう。
 当時のe-inkのパネルは、薄すぎて、すぐに割れるということは、amazonは、わかっていたはずなのに、ああいう欠陥商品を、大量にばらまいてしまうなんて。15年以上使っておかしくなるタカタのエアバッグより、悪質で、本来なら、リコールもんだと思うが。

 いまのところ、補修用パネルは、4000円近くするみたいなので、保留にしよう。4000円のパネルは、高すぎて、中古を買ったほうがましなくらいだが、通信費用永代無料のSIMがついているので、捨ててしまうのは、惜しいし、ボタン一発で、即購入ダウンロードなんてのは、PCのKindleソフトではできないから。

PS
結局、Y!オクで、2400円そこらで、Kindle Basic 7th Gen.を落札したのだった。それで、USアカウントに切り替えるとなにも問題ない。ということで、Kindle 2の方は、お払い箱行きになるだろう。それで、Kindle Basic 7th Gen.のカバーをなんとかしないといけない。