ベルトの鳴きをとめるために、なきどめスプレーを噴射するべく、ボンネットをあけて、ステーを たてようとしたら、クランプが折れた。
トヨタの部品番号は、53455-17040,1個210円(税込)である。

 でも、うちには、幸い3Dプリンターもあるし、ABSのフィラメントもあるから、200円前後出して、部品を買うのではなくて、部品をコピー製造することにしょう:)

交換手順など

PS
調べた結果。
  1. このクランプが折れるのは、避けがたい現象で、長らく使っていれば、必ず折れる。
  2. この部品を交換するまっとうな手順は、ネジを10個はずして、エンジンフードとボンネットフードの隙間を拡大させて、エンジンフードの板を挟んでいる爪をゆるめて外す、というドイツ軍Tiger Iの転輪交換作業もかくや、という保守性の悪さである。
  3. 部品は、ABS樹脂の様で、弾性はない


 という、つまらない設計だ。横着するなら、ドリルで破壊するのもありだと思う。トヨタの設計者は、保守性を考慮しとるのかね。まぁ、Beatよりは、全体的には、保守しやすそうでは、あるが。
 ということで、フレキシブル・フィラメントを使って、交換用の部品を設計してみようと思う。

PS2
やはり、見本がいるので、1個、部品共販から、買った。やはり、そのうち、折れるような構造である。フレキシブル・フィラメントは注文したが、耐熱性や加工で、いろいろ問題はありそうではある。