heridesbeemerのblog

映画、プログラミング、モーターサイクル、猫、SW20

Fair Game(USA/2010)

Fair Game(USA/2010)220px-Fair_Game_Poster

監督:ダグ・リーマン

脚本:ジェズ・バターワース、ジョン・バターワース

出演:ナオミ・ワッツ、ショーン・ペン

配給:サミット・エンターテイメント

公式サイト

評点(5点満点)

5star

ストーリー

物語は、ジョージ・W・ブッシュの第1期である、2002年から始まる。バレリー・プレーム(ナオミ・ワッツ)は、CIAの秘密作戦要員で、身分はパブリックにはなっていなかった。夫は、リタイアした外交官のジョー・ウィルソン(ショーン・ペン)で、2人の子供とともに、ワシントンDC郊外にすんでいた。当時、ブッシュ政権は、イラクと開戦する正当な理由となる、イラクのWMD(大量破壊兵器)開発計画について証拠を集めていた。CIAも、イラクのWMD開発計画について調べていた。そして、CIAのイラクのWMD開発計画についての調査チームは、バレリーが率いる事になる。外部(UK)からの情報で、”イラクがナイジェリアから、イエローケーキ(原爆の材料のひとつ)を入手しようとした。”というものがあり、CIAは、ナイジェリアにコネクションのあるジョー・ウィルソンにナイジェリアに調査に行ってもらうことにした。ジョー・ウィルソンがナイジェリアで調べたのは、500トンものイエローケーキの輸出を、USとの関係をリスクにさらしてまで、ナイジェリア政府が容認することは、ほとんどありえない、というものだった。その他のCIAの調査もすべて、イラクのWMD開発計画の存在を否定するものばかりであった。これらは、ホワイトハウスの望んでいた回答ではなかった。それにもかかわらず、20031月のUS議会での大統領によるステート・オブ・ユニオン演説では、”イラクがアフリカから、ウランを購入しようとしていた。”という文言が含まれていた。また、20032月のコリン・パウエル国務長官による、国連安全保障理事会の演説でも、同様の文言が含まれていた。当時、CIA自身がアフリカ・コネクションのウラン購入は、ガセネタである、という見解であったにもかかわらず。

そして、320日に、イラク戦争は始まった。(フセイン政権は、4月には打倒される。)6月には、どうやらイラクにWMDはなさそうだ、ということがわかってきた。7月にジョー・ウィルソンは、ニューヨークタイムズの読者投稿で、”私が、アフリカで見つけなかったもの”という記事を書く。これは、この戦争の正当性について批難を浴びている政権にとって痛撃となるものだった。

そこで、副大統領のチーフスタッフであるルイス”スクーター”リービーは、ウィルソンに報復する為にバレリーの身分をばらすことにした。(CIA秘密工作員の名前を明らかにすることは重罪になる)そして、それは、ウィルソンの記事がでたわずか8日後に、シカゴ・サンタイムズに載った。これは、事実上、バレリーのCIA秘密工作員としてのキャリアに終わりを打つものになった。そして、その日からが、バレリーにとっての悪夢の日々の始まりだった。

 

コメント

この映画は、バレリー・プレームとジョー・ウィルソンがそれぞれ書いた本をもとに作られている。私は、どちらの本も読んでいない。バレリー・プレームのCIA時代の職務内容は、基本的に機密内容で、本や、議会公聴会での証言以外は不明である。ナオミ・ワッツの起用と演技はぴったりで非常によい。ショーン・ペンのジョー・ウィルソンも好演だ。惜しむらくは、ディック・チェイニー役の人がちっともチェイニーに似ていないので、わからなかったくらいだ。

ちなみに、この映画の公開のわずかまえに、ブッシュ前大統領の回想録が発売され、それにあわせて、前大統領がTVインタビューに出まくっている。結局、CIAの要請で司法省による司法調査が行われ、”スクーター”リービーは、起訴され、2件の大陪審での偽証、1件の司法妨害、1件の連邦捜査官に対する嘘の証言で、有罪となった。肝心のCIA秘密工作員の身分を明かしたことについては、起訴されていない。また、副大統領ディック・チェイニー、大統領スタッフ カール・ローブ、国務次官リチャード・アーミテージの関与も深く疑われたが、いずれも、起訴はされなかった。ウィルソン夫妻によるデイック・チェイニーらに対する民事訴訟も、オバマ政権の方針で文書が公開されないこともあり、最高裁までいったが却下になっている。

この映画は、判明している事実からは、大きく逸脱していないほとんどノンフィクションに近い内容となっている。

別のところで読んだ話では、ブッシュ政権の末期に、副大統領は、有罪となったリービーに恩赦をするよう大統領に求めたが、ブッシュ大統領は、断ったそうである。もし、恩赦してれば、まったく救いがない話だ。

 

 

結論

ナオミ・ワッツの好演もあり、最後までみさせる。映画としても、108分の中で、必要なことがらをコンパクトにまとめていて完成度は高く、視聴者(US有権者)の政府への怒りをかきたてるような内容である。真実との差は、マイナーなレベルでCIA勤務の実体が機密指定な為不明だが、それを除けば、映画としては、実現可能なレベルをすべて達成しているのではないだろうか。

さて、わが国でも、尖閣諸島漁船衝突事件の秘密指定のビデオがリークしているが、これに対応するアカウンタビィリティのある説明はあるのだろうか? 国家公務員法の守秘義務違反は、裁量で不起訴にしていいような内容ではないし、あけてみれば、なんということもないビデオを非公開にしていたことの説明も必要である。

これがUSであれば、ACLUなどが、内閣を相手取って、あけてみれば何の事もないビデオを非公開にしていた公開質問状をだしていることは、間違いない。日本は、システムとしての民主主義の成熟が問われている。

 

参考サイト



 

注:この映画は、日本公開は未定。fair gameとは、俗語で、かっこうの的という意味。この言葉は、一連の出来事の中では、大統領スタッフのカール・ローブが最初に使ったとされている。

 

注2: バレリー・プライムのFair Gameは、機密にひっかかる部分は、グレーアウトされていて、それが、全体に散らばっている、ちょっと異様な本である。これは、出版前に、CIA,弁護士などと相談してのことと思われる。


注3: バレリー・プライム・ウィルソンの議会公聴会証言のビデオは、www.cspan.orgで、見ることができる。


 注4: 上記文中のナイジェリアの記述は、ニジェールの間違いでした。謹んで、訂正します。


人気ブログランキングへ続きを読む

AMTRAK乗車記

AMTRAK乗車記

 

列車の選択

今回、NYC-DCの旅で、始めて、Amtrakに乗った。乗車区間は、Newark – DCである。この間の距離は、おおよそ200マイルである。主な旅客用サービスとしては、Acela Expressというのと、Northeast Regional という2つの列車がある。Acela Expressの方が高くて速いのだが、Northeast Regionalとの差は、微妙である。

 

 

hours

First/business/Coach

Acela Express

2h32m

237/135/-

NE Regional

3h07m

- /108/76

*値段は、早期購入と時間帯によって変わります。

 

Acela Expressだけ、WiFiがつかえる。

たったの35分の短縮効果とWiFiだけで、$59はだしがたかったので、RegionalCoachのチケットを買いました。ちなみに、どちらの列車でも、すべてのシートは指定席である。

 

チケットの購入

チケットの購入は、Amtrakwebsiteで問題なくできる。決済はクレジットカードになる。このときに、バーコード付きのシートが、オンライン上とメールで送られてくるので、これをプリントして持参する。これは、チケットその物ではないので、これで乗車はできない。駅に、エアラインスタイルのチケット販売機があるが、これは、ペーパーに印刷されたバーコードを読めるので、これを、指示されたところに挿入する。そうすると、チケットが出てくる。チケットは、エアラインチケット形状である。RegionalCoachでは、チケットにも、シートの番号は、打たれていない。すなわち、あいているCoachの席に座りなさい、ということ。(日本の自由席とにているが、日本の自由席は、販売数の上限を切ってないが、Amtrakの場合は、シートの数で上限を切っている)。

 

乗車および乗車後

エアラインの場合は、バッゲージチェックインとセキュリティチェックがある。Amtrakの場合、2つまでは、持ち込みができて、それらは、ノーチェックである。チェックドバッゲージの場合は、30分前に渡すことが必要。

RegionalCoachでは、電源タップはある。WiFiはない。席のレッグスペース、バゲッジスペースともに十分である。

 

NYC-DC間は、全線で複線電化であり、そもそも、旅客サービスで使われる駅は少なく、停車駅数が少ないので、Regionalにしろ、Acela Expressにしろ、JRの在来線特急に近い存在だ。ただ、Amtrakは軌道が標準軌なので、車幅は広い。

 

 

飛行機との比較

Amtrakの駅は、NYCの中心部にあるが、フライトの場合は、NYCでは、いずれも、周辺部であり、NYCへ出るには、最低でも30分はみないといけない。DCでは、フライトは、レーガンナショナル空港は便利なところにあるが、ダレス空港およびバルチモア空港は、DCの周辺部だ。レーガンナショナル空港のフライトは、ダレス空港にくらべると割高で取りにくい傾向がある。

それに加えて、Amtrakの価格は、かなり低めに抑えてられているので、飛行機を選ぶ理由は、かなり低くなっていると思う。特に、1ヶ月近い前の購入の場合、飛行機ではないような値段で出ているので、その格差は、いっそう広がる。

 

JRとの比較

NYC-DC間の距離は、だいたい、東京ー名古屋にちかいが、ひかり・こだまの場合、10380円だ。ということは、だいたい$128で、所要時間は101分だ。ただ、JRの場合は、これより安いオプションは、快速の乗り継ぎしかなく、6080($75)で、所要時間は、380(一例)だ。JRでも、もっと、安くて速いオプションがあると望ましいのだが。。。。

 

結論

NYC-DCの間のトラベルは、Amtrakが座れて、環境もいい。今、オバマ政権の経済刺激策の一つとして、高速鉄道建設計画は、進行中だが、NYC-DCは、カリフォルニアの計画とならんで、もっとも実現性が高い路線の一つだ。NYC-DC間は、ほとんど平地で、用地もNYC側を除けば問題ないので、建設についての障壁は、高くないと思われる。

 

 

11/22 追記

 あとで、DC->NYCのフライトを使ったのだが、やはり、セキュリティチェックとか、ボーディングに、リードタイムがいるなど、DC-NYC間の移動は、飛行機よりAMTRAKの方が良い。飛行機では、フライトの正味時間は、55分ほど。今の状態でも、AMTRAKを選びたいが、将来、新幹線レベルの速さになると、おそらく、飛行機は、太刀打ちできなくなってなくなるのではないだろうか。


 

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキングへ

Memento(USA/2000)

Memento(USA/2000)

監督: クリストファー・ノラン 220px-Memento_poster


脚本: クリストファー・ノラン

配給:サミット・エンターテイメント

出演:ガイ・ピアース、キアリー・アン・モス、ジョー・パントリアーノ

公式サイト:http://www.otnemem.com/

評点(5点満点):

1half_star

 

 

ストーリー

レナードは、目がさめると、どこにでもあるようなモーテルの一室にいた。彼は、ある事故が起きる前のことは、覚えているが、それからあとの事は、記憶できないという症状になっていた。その為、彼が少し前のことを覚えておくためには、ノートに記録するか、ポラロイド写真をとって、それに書き込みをいれるか、それとも、刺青にしておくしかなかった。彼は、保険会社の調査員で、Sammyという男の妻の死について調べていると思い込んでいた。そして、彼の目的は、彼自身の妻の殺害に関係したJohn Gという男を見つけて復讐することだった。

 

 

コメント

この映画は、準備してみていないと、話の筋についていけない。というのは、映画の進行は、正確には、細切れで、時間軸では逆順になっているから。そして、レナードが、少し前のことを覚えておれない事を利用して、ナタリー(キアリー・アン・モス)、そして自分自身が、都合のいいように頼みの綱のメモを書き換えるから。これを最初に分かっていないと話についていくのが難しい。

この作品は、Rottentomatoesでは、93%と偉く高評価なんだが、私は、買わないな。話の筋がわからないし。。Rottentomatoesでは、話の筋のつなぎ方(逆順に進む)の新鮮さが、うけたのかもしれないが、私は、2度みたいとは思わなかった。

 

結論

クリストファー・ノランの実験作。まぁ、1回は見てみる価値はあるかな?

 

 

Hackers(USA/1995)

Hackers(USA/1995)

監督:ライン・ソフトレー220px-Hackersposter

脚本:ラファエル・モロー

配給:MGM

出演:ジョニー・リー・ミラー、アンジェリーナ・ジョリー

公式サイト(imdb):http://www.imdb.com/title/tt0113243/

評点(5点満点):

1star

 

 

ストーリー

デード・マーフィー(ジョニー・リー・ミラー)は、11歳の時に、ワーム(自動で伝染するウィルス)を書いて、1500台にも、およぶコンピュータシステムをダウンさせたとして、逮捕・有罪となり、収監されなかったが、執行猶予つきで罰金と18歳の誕生日まで、コンピュータを持つことおよび、トーンダイアル式電話の使用を禁止されてしまう。そして、両親は離婚して、彼は、母親とともに、シアトルからニューヨークへ移り住む。NYCの同じ高校には、母親がベストセラーで一山あてた、ケート(アンジェリーナ・ジョリー)がいた。実は、ケート自身も、ハッカーだったのだ。

そんなある日、ハッカー仲間の一人が、エリンソン鉱業という会社のシステムに、侵入して、一つのファイルを盗み出してしまう。そのファイルの中身も知らずに。実は、そのファイルには、エリンソン鉱業のトランザクションから、金をくすねている証拠となるデータが含まれていたのだった。ところが、コンピュータを利用して、金をくすねていたのは、こともあろうか、エリンソン鉱業のシステムセキュリティ担当のユージーンだった。。。。。。

 

 

コメント

アンジェリーナ・ジョリー20歳の時の作品。デード・マーフィー役のジョニー・リー・ミラーとは、この作品の翌年、19963月に結婚するも、19992月には離婚。ストーリーは平板。演出も、ハックするところを観客にわかるように見せるのが難しいことは分かるがものたらない。まだ、似たテーマのサンドラ・ブロック主演The Net(1995)の方が映画としての出来はよほどいいと思う。登場人物は悪役も含めて、いずれもが、キャラクターとしての魅力を欠いている。15年の歳月を考慮し、当時のコンピュータ技術を考慮しても、映画としては、物足らない。

 

結論

ダイ・ハードなアンジェリーナ・ジョリーのファンでも、これは、パスするのはありだと思う。ショート・ヘアーで20歳のアンジェリーナ・ジョリーを見るだけの映画だ。

 

 

The Bone Collector/Jeffery Deaver 1997

The Bone Collector/Jeffery Deaver 1997bone_collector

ISBN 0-340-65374-4

399ページ

評点(5点満点)

4half_star

 


コメント

同名の映画の原作。私は、映画をみて、本にたどり着きました。映画は、おおよそ2時間の枠内に詰め込まないといけないので、映画の筋は、かなり省略されたものとなっている。

 

おもに省略されているのは

 

あ)Amelia Sachsは、美人なのに、30歳にもなって、なぜパトロール警官をしていたか?

い)FBIとの捜査をめぐっての熾烈なやりとり

う)Amelia Sachsの、fast carfast drivingへの執着

え)映画では、殺人は、3件しかおきないが、小説では、もっと起きる。犯人のセーフハウスへの襲撃もある

お)犯人の行動のもとになったもの

 

など。全体に、小説の中のAmelia Sachsは、映画版より、もっとgutsyな印象を受ける。映画は映画の範囲内で、オリジナルの筋は、保っていると言えるだろう。小説では、このLincoln Rhyme & Amelia Sachsのシリーズは、連作となって、最新版は、今年でたもので、9作目で、まだ続いているという。

この作品では、サスペンスと男女関係の要素が、うまくまとめられていて、一気に読ませる力を持っている。

 

結論

映画をみてよかった、と思う人は、是非、読むべし。小説の中のAmelia Sachsは映画版より、もっと、アクティブで、強靭かつ繊細な精神の持ち主だ。


(Nov 3 2010 読了)

 

人気ブログランキングへ

Kingdom of Heaven(USA/2005)

Kingdom of Heaven(USA/2005)

監督: リドリー・スコット220px-KoHposter

脚本: ウィリアム・モナハン

出演: オーランド・ブルーム、エヴァ・グリーン、エドワード・ノートン、ジェレミー・アイアンズ、リーアム・ニーソン、ブレンダン・グリーソン

配給: 20世紀フォックス

公式サイト:

評点(5点満点)

4star

 

ストーリー

フランスのどこかの山村で、鍛冶屋をしているBalian(オーランド・ブルーム)のところへ、Godfrey of Ibelin(リーアム・ニーソン)という騎士が訪ねてくる。Godfreyは、Balianに”お前は私の息子でエルサレムにいって、ともに十字軍を助けよ。”という。いったん、Balianは、ことわるのだが、結局、父とともに、エルサレムに行くことに同意する。しかし、道中で、トラブルがあり、その傷がもとでGodfreyは、メッシナで落命してしまう。Balianは、そのまま、エルサレムに向かうが、途中で船は難破し、なんとか、身一つ馬一つの状態で、エルサレムに、たどり着く。エルサレムは、Baldwin IV(エドワード・ノートン)の治世で、イスラム教徒と和平を保つべきであるというTiberias(ジェレミー・アイアンズ)と、イスラム教徒と対決すべきであるというGuy de Lusignan,Raynald of Chatillon,テンプル騎士団が、内部抗争中であった。

そして、Balianは、Baldwin IVの妹のSybilla(エヴァ・グリーン)の訪問を受ける。

やがて、Baldwin IVはなくなり、Sybillaの定められていた婚約者のGuy de Lusignanが、王になり、サラディンのイスラム教徒勢と戦端を開くことになる。王の率いる十字軍勢力は、118774日のハッチンの戦いで、サラディンの率いるイスラム教徒勢に完敗し、ほとんど全滅した。

Balianは、王と意見を異にし、ハッチンの戦いには参加しなかったが、エルサレムの防衛を託されることになった。エルサレムには、ごく少数の騎士と、多数の市民が残っているだけであった。。。。。

 

コメント

やはり、リドリー・スコットというのは、大変な才人だ。この手の映画を作らせたら、彼の右に出る人はいないのではないだろうか。歴史的真実(Balianは、もっと大人であった。Baldwin Ivの次に、子供のBaldwin Vの治世が3年ほどある。実際には、サラディンは、エルサレム攻囲戦の前に、無血開城を勧告している。BalianSybillaはいっしょになることはない。)とは、違うところが多々あるけれど、それらを抜きにすれば、非常に丁寧に作られた秀作だと思う。

Sybillaのエヴァ・グリーンも、この映画で掘り出し物の好演。女王という位置にふさわしいオーラがにじみ出ていた。この人はフランス人で、ハリウッド系映画にはほとんど出ておらず欧州中心に活躍しているみたいだが、今後に期待したい逸材だと思う。

エドワード・ノートンは、Baldwin IVの役なんだがマスクをかぶっているので、最後のクレジットを見るまでわからなかった。圧巻は、やはり、エルサレムの攻囲戦のシーンであろう。

唯一、感心しないのが、フランスの騎士どころかイスラム教徒勢も、何から何まで、登場人物全員が英語をしゃべっていたんだが、すごく違和感ある。

この劇場公開版は、145分なんだが、もっと、評判のいい、ディレクターズ・カット版は、さらに47分長いそうで、Sybillaのキャラクターがもっと良く描かれているそうである。

結論

歴史をベースにしたフィクションと割り切れば、いいと思う。筋は歴史的真実と違うが、時代考証もそれなりされているし。レッドクリフのことをおもえば、何倍もいいと思う。作るのにお金がかかっていることがよくわかる作品だ。こういう、お金がかかる歴史物は、なかなか最近は、作られない傾向にあるのだが、これは、是非、ディレクターズ・カット版を入手してみずばなるまい、と思った。

 

人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ