heridesbeemerのblog

映画、プログラミング、モーターサイクル、猫、SW20

The Bone Collector(USA/1999)

The Bone Collector(USA/1999)

監督:フィリップ・ノイス

出演:デンゼル・ワシントン、アンジェリーナ・ジョリー、エド・オニール、クィーン・ルティーファ

公式サイト:http://www.thebonecollector.com/

評点(5点満点)


3half_star




ストーリー

NY市警のリンカーン・ライム(デンゼル・ワシントン)は、伝説的なフォレンジックの専門家であったが、ある事故で全身麻痺の状態になり動かせれるのは首から上と、左手の人差し指だけになってしまう。彼は、麻痺が進んで植物状態になってしまうのを恐れて、ドクターと彼自身についての最終的な取り決めを決めようとしていた。

一方、ルービン夫妻がNYの空港に到着するが、迎えがきていないので、タクシーで帰宅しようとする。ところが、そのタクシーは、連続殺人犯が運転するものだった。

翌朝、NY市警の駆け出しの警官アメリア・ドナヒューは、少年課への移籍が決まったばかりであるが、朝、出動途中に、ある少年がなにかしらを見つけた、というディスパッチ・コールをうけ、現場にかけつける。少年が、見つけたのは、人間の手だった。アメリアが、手の下を掘ると、死体が埋まっているのがわかった。アメリアは、やってきたアムトラックの列車を証拠保全の為に止め、機転をきかせ、少年に使い捨てカメラを買ってきてもらい、現場の状況を写真に、残す。そして、殺人課の刑事に、渡した。

NY殺人課では、チーフ・マーフィーの指示で、ライムに捜査スタッフをつけ、ライムが証拠品を分析する。アメリアが見つけた死体はミスター・ルービンだった。ルービン夫人の行方はわからなかった。ライムは、アメリアの証拠保全の手際と証拠写真について感心し、彼女を捜査チームに加えることを求めた。犯人は、次の殺人を暗示する証拠を、犯行現場に残しているようだった。どうやら、ルービン夫人は、その日の午後4時まではいきてるらしい。。。。。

コメント

これは、アンジェリーナ・ジョリー24才の時の作品。Giaで、ゴールデン・グローブをとったが、本格的な劇場公開予定作の主演としては、始めてのもの。やはり、デンゼル・ワシントンはうまい。歳もとらないのか。アンジェリーナ・ジョリーも、若くてういういしいが、女性警官という役にフィットしている。このストーリーは、サスペンスでもあるが、主役の2人のリレーション・シップの物語でもある。伝説上の捜査官だったが、今は、ベッドに縛り付けられて人生に絶望した男と、まだ自分がなにを目指しているか分からないNY市警の若き女性警官の。Rottentomatoesは、例によって27%というサディスティックな点をつけているが、私は、プロット、デンゼル、アンジェリーナ、脇を固めた役者と演出で、もっと、良い点をあげます。

 

結論

主役の2人のファンの方は是非。サスペンスとしては、テンション、プロット、音楽で、テイキング・ライブスが、上回る。ただし、テイキング・ライブスは、オリジナルの小説を換骨脱胎したきらいがあるが、こちらは、比較的原作に忠実で、原作も好評であったということなので、原作も読んでみることにしたい。

関連サイト
 

http://www.script-o-rama.com/movie_scripts/b/bone-collector-script-angelina-jolie.html

人気ブログランキングへ

Notes from My Travels/Angelina Jolie 2003

Notes from My Travels: Visits with Refugees in Africa, Cambodia, Pakistan and Ecuador

Author: Angelina Jolie

Amazon Kindle版で、$11.69

この本は、現在のところ、Angelina Jolieによる唯一の著作で、彼女が、2001年に、アフリカ(シエラレオネ、タンザニア)、カンボジア、パキスタンを、2002年の6月にエクアドルを、難民救済の現場を学ぶために、UNHCR(国連難民救済高等弁務官事務所)のアレンジで旅した紀行記である。20012月といえば、Tomb Raiderはクランクアップしたが、封切られていない、Billy Thorntonと夫婦であった、25才の時の話。すなわち、まだ、今日のスーパースターとしての地位を確立してないころである。

20018月に、UNHCRの親善大使に指名されるが、その時の前後の事情は特にかかれていない。その時に、彼女自身は、(彼女のバッド・ガール イメージが)UNHCRのイメージを傷つけるかもしれないので消極的であったが、とにもかくにもUNHCRが押し切って任命した、といわれているがそのことも、書かれていない。また、彼女は、20023月に、カンボジアの孤児(Madox)を最初の養子にしたのだが、そのくだりも、特に記述はない。

本書は、あくまで、Angelina Jolieその人が、この5地域の難民救済現場を見聞する為に回った時のプレーンな紀行記である。書かれている内容に、特筆大書するようなこと(heart breaking storiesの連続だが)はないが、飾らぬ文章から、彼女の熱い想いは確かに伝わってくる。

今日でも、彼女は、人道的支援活動を彼女の達成目標の一つとして精力的に行っているが、その原点を知る上では、本書は必読の一冊であろう。

写真が10枚ほど、地図が5枚ほど、ついているが、Kindle版ではiPadでも見にくい

なお、新本の売上は、UNHCRの難民救済事業に当てられることになっているそうである。古本は、abebooks.comあたりで買った方が日本への送料込みでも安いと思う。

(読了 Oct 11 2010)

関連記事
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/02/27/AR2007022701161.html
http://www.newsweek.com/2009/12/09/justice-delayed-is-not-justice-denied.html
http://www.time.com/time/world/article/0,8599,1903006,00.html
http://www.economist.com/node/10120144?story_id=10120144&d=2008
関連動画
http://www.cfr.org/publication/17515/symposium_on_international_law_and_justice_session_three.html

人気ブログランキングへ

The Others(Spain/2001)

The Others(Spain/2001)

監督:アレハンドロ・アメナーバール

出演:ニコール・キッドマン

公式サイト(IMDB):http://www.imdb.com/title/tt0230600/

評点(5点満点)

2half_star

 


ストーリー

WW2直後の英仏海峡のチャンネル諸島。敬虔なカソリックのグレース(ニコール・キッドマン)は、2人の子供と共に、出征した夫の帰国を、大邸宅で待ちつづけていた。2人の子供は、光にあたると呼吸困難を起こすという特殊な病気を持っているので、子供が行き来する部屋には、すべて、カーテンが掛けられていた。映画は、3人の使用人が雇われて、グレースから、かならず、部屋を行き来するときは、部屋の鍵を締め忘れないようにと注意されるところから始まる。というのも、それまで、いた使用人たちが、なぜだかすべて出て行ってしまったから。

やがて、2人の子供のうちの姉のアンは、家の中に誰かがいるといいだす。そして、最初は、疑っていたグレースも、誰かがいると思うようになる。ある日、カーテンをはずして、使用人とともに屋敷を捜索するが結局誰もみつからない。そして、ある日のこと、誰かに屋敷中のカーテンが外されてしまう。3人の使用人を信じないグレースは、彼らを追い出して、子供2人と家族だけで住み始めるが、その夜に………。

 

コメント

この役は、ニコール・キッドマンにあっている。サンドラ・ブロック、アンジェリーナ・ジョリー、ジェニファー・アニストン、ジェニファー・ロペスの誰でも、ミスキャストだろう。これは、Rottentomatoesで、84%と偉く良いスコアをとってるんだが、私は、それほど、いいとは思わないのは、キリスト教徒でないからか?それとも、ニコール・キッドマンのファン度が足りないから?あるいは、結末が、ホラー映画らしくないからか。なお、この映画はスペインでの製作だが、すべて、英語でスペイン語はいっさいない。エロ・グロもない。ほとんどが、暗い邸宅のなかでのシーンの連続。

 

結論

"Drag Me to Hell"に相当負けるが、ホラームービーファンの方はどうぞ。ニコール・キッドマンのファンの方は、やはり見ずばなるまい。キッとした表情のキッドマンは、美しい。

人気ブログランキングへ

Taking Lives(USA/2004)

Taking Lives(USA/2004)

監督:D.J.カルーソー

出演:アンジェリーナ・ジョリー、イーサン・ホーク、チェッキー・ケイリョ、キーファー・サザーランド

公式サイト:http://takinglives.warnerbros.com/

評点(5点満点):

3half_star



ストーリー

19年前のカナダのどこかで、ある若者が、同じ年頃の若者を、事故に見せかけて殺し、なり変わった。次に舞台は、19年後の現在のモントリオールに移る。モントリオールの建設現場で、白骨化した死体がみつかる。捜査の難航が予想されたのでモントリオール市警のルクレク(チェッキー・ケイリョ)は、かつて捜査をいっしょに行った事のある、プロファイリング専門家のFBI捜査官イリアナ・スコット(アンジェリーナ・ジョリー)に助力を求める。イリアナは、ホテル住まいをしながら、不慣れな街で捜査を始めるが、その最中に第2の殺人が起きる。この殺人事件には、目撃者ジェームズ・コスタ(イーサン・ホーク)がいた。さらに、19年前に死んだ筈の息子を目撃したと主張するアッシャー夫人がみつかり、19年前の殺人とモントリオールでの殺人がつながる。そして、イリアナたちは、容疑者(キーファー・サザーランド)を特定することに成功する。犯人は、マーティン・アッシャーといい、次々に、殺人をかさねて、殺した相手のアイデンティをのっとっていたのだった。しかし、イリアナたちは、犯人にはめられて、アッシャー夫人を殺されたばかりか、真犯人はモントリオールから逃走してしまう。FBIは、このモントリオールの捜査についてレビューを行い、イリアナの行為にFBI捜査官として不適切なものがあったとし、彼女を解雇した。モントリオールの1件から、7ヶ月後、失意のイリアナは、ペンシルバニアの田舎の郷里に帰って、出産の日を待つ日々であった。。。。。

コメント

プロットは、ひねりが効いてあっていいと思う。颯爽と登場したイリアナが、捜査をリードするが、事態は、予想外の展開になり、モントリオールでの殺人捜査は、結局、大失敗に終わって、犯人をとり逃してしまう。そして、最後の舞台は、ペンシルバニアに移るのだが、最後まで、ハラハラさせるという、サスペンスに不可欠なポイントは押さえてある。ただ、問題あるとすれば、途中のベッドシーンは、もっと、カットが短くてもよかったのではないか、と思う。アンジェリーナ・ジョリーが出ているからとか、レーティングRしかとれないからサービス精神でつけたのか、サスペンスには、少し長いと思うが。さらに、容疑者を取り違えるというところの論理的な線も弱い。キーファー・サザーランドの容疑者については、ほとんど裏をとらずに飛びついてしまうところや、アッシャー夫人の隠し部屋で、出てきた男の話もつながらないと思う。RottenTomatoesは、23%と相変わらず塩辛いスコアがついているが、私は、アンジェリーナ・ジョリーの力演、破綻の少ない脚本・演出、秀逸な音楽に免じて、もっと良い点をつけます。

結論

インソムニアには負けるが、サスペンス物が好きな人。アンジェリーナ・ジョリーファンの方は、是非どうぞ。ケベックなので、フランス語もあります。

 

 

 

人気ブログランキングへ

Amazonマーケットプレースで古本を売る

Amazonマーケットプレースで古本を売る

 

Amazonでは、Amazonマーケットプレースで、一般の人が本、物などを売ることができる。他に、一般の人が物を売る場所としては、Yahooオークションがあるが、こと、本を売ることに関しては、Yahooオークションは、売りづらい。というのも、Amazonマーケットプレースには、すでに、書籍にかんしての膨大なデータベースがあるので、売る側としては、古本の状態と値段をつければ、良いだけであるし、買い手にとっても、サーチしやすいので、買いたいものを見つけやすい。

 

だから、私も、古本の処分をかねて、Amazonマーケットプレースで、古本を売りに出している。

このAmazonマーケットプレースだが、831日づけをもって、手数料が変更になった。

 

 

8/31まで

9/1以降

基本手数料

100

100

本の場合の手数料

80

60

本の手数料(価格比例)

15%

15%

規程国内配送料金

340

250

 

このうち、規程国内配送料金は、実際の配送コストの多少にかかわらず、Amazonが実際に払ってくれるお金である。手数料は、売り手が、Amazonに払わないといけない費用。

この変更は、日本中の古本屋さんに打撃を与えているんじゃないかと思う。

というのは、1円で、本を売ったとすると

 

変更前

1(価格) + 340(規程配送コスト) – 100(基本手数料) – 80(本の手数料) – 80(クロネコメール便)

= 81(もうけ)

 

変更後

1(価格) + 250(規程配送コスト) – 100(基本手数料) – 60(本の手数料) – 80(クロネコメール便)

= 11(もうけ)

 

と、70円も、儲けが減ってしまった。クロネコメール便の80円というのは、厚さ1センチ以下が条件なので、1センチ超の本だと、160円かかるので、1円で1センチ超の本を売ると、69円の赤字になる。というのも、Amazonの規程国内配送料金は、実際の配送にいくらかかろうが、250円なので。160円配送コストの1センチ超本の場合は、最低でも、83円の値付けでないと赤字になる。

クロネコメール便だと、厚さ2センチまでしか、受けてくれないので、それ以上だと、定形外郵便になるが、こちらは、重さで、値段が上がっていく。だいたい、2センチ以上の厚さの本は、重いので、重さ500g以下の390円とかになることが、多い。もちろん、1円で値付けすれば、大赤字だ。

 

1円本の謎

ところが、Amazonには、1円本は、溢れまくっている。1円本は、薄い本だけではなくて、厚い本でもいくらでもある。先にも述べたように、実際の配送コストがいくらかかろうと、Amazonが払ってくれるのは、250円なので、1cm超の本では、赤字必至なのだ。これに対しての、唯一可能な説明は、プロの出品アカウントにすると、固定の100円のコストが免除になるということだ。しかし、プロアカウントは、14900円かかる。だから、50冊以上、月販出来ないと割が合わない。

 

プロアカウントの人の1円販売の計算式

(基本手数料100円が免除になる)

1(販売価格) + 250(規程配送コスト) – 60 (本の手数料) – 80(クロネコメール便) = 111(もうけ)

 

ということで、プロの人は、49冊確実に売れるなら、1円でもやってけるわけであるが、それは、損が出ないというだけの話で、実際に食ってくには、大量に販売しないとまともな利益は出せない。
ところが、1円本というのは、値段がつかないから、そういう値段になっているのであって、需要と供給の関係から言って、1円本の大量販売は、至難の技だ。だって、需要が低いんだから。

私も、古本を売っているが、1円では、売っていない。1円の値付けに対抗するには1円にするしかないけど、1円でしか売れそうもない不要本は捨てている。実際に、販売出来ているのは、もっと、良い値段をつけれる本が売れている。いい値段がつく本とは、絶版で、Amazonマーケットプレースに少ししかならんでないような本。そういった本には、定価の数倍の値段がついていることがある。そういう類の本は、古い小説とかが多いように思う。


まとめ

置き場の問題とかで、本を処分したいときには、Amazonマーケットプレースは、良い場所である。しかし、1円でしか値段がつかない本も多数ある。新しい本は、値下がり率が激しいので、いらないと決まれば、さっさと売るのが上策。本を捨てる前に、Amazonで売るというのは、売り手になるということで、サイバートレーダーの第1歩としては、比較的少ない投資とリスクで始めれるので、いい経験になるのではないかと思う。
 

 

13人の刺客(日本/2010)

13人の刺客(日本/2010)

監督: 三池崇史

出演:役所広司、松方弘樹、平幹二郎、市村正親、伊原剛志、稲垣吾郎

評点(5点満点)

2star

公式サイト:http://13assassins.jp/index.html

 

 

ストーリー

江戸時代も後期の1840年ごろの話。時の将軍の異母弟、松平斉韶は、播州明石藩藩主であったが、無法の振舞い多く、明石藩江戸家老、間宮図書は、老中土井大炊頭屋敷前にて、諌書をのこし切腹した。この事は、幕府の知るところとなるが、時の将軍は、事をとりあげることを好まず、不問にすることにした。老中土井大炊頭(平幹二郎)は、将軍の意に逆らうことはできないが、さりとて、無法の斉韶を放置して、翌年、老中にするのは、さらなる厄災を招くとし、御目付の島田新左衛門(役所広司)を呼び、斉韶を参勤交代帰国途上で討つように命じるのだった。

島田新左衛門は、総計13人で、総勢300余名の斉韶一行を、中山道のある宿場で討つことにした。。。。。

 

コメント

この映画は、1963年の映画のリメークだそうであるが、私は、オリジナル版をみていない。脚本としては、前半の斉韶の暴君ぶりが、いまいち印象的ではない。次に、新左衛門が、13人をかき集めるところも、どーも、ものたりない。スペースコブラで、サラマンダーを倒す4人をかき集めるところなどと、くらべると、今3くらいだ。

殺陣の考証もおかしいと思う。まず、300人対13人なんだから、どう考えたって、爆弾、弓矢で相当数を減らしていないといけないわけだが、そのあたりは、最初の方で終わって、あとは、やけに長い斬り合いの連続となる。しかし、小学生でも分かるように、一人で、20人もは切れない。それに、襲撃者側の軽装は、いったいどういうことだろう。具足、鎖帷子などせずに、ほとんど、防具はつけていない。

最後の前の斉韶と新左衛門の対決のところも、新左衛門に長々と口上をのべさせすぎだと思う。

斉韶が討たれたあとも、無用に印象に残らない5分ほどのシーンが続くが、これは、どういう意味なんだろう。ということで、役者さんたちは、力演しているが、脚本がまずいと思う。また、斬り合いも長ければいいというもんではないと思う。

 

結論

たしかに、最近、こういう制作費のかかりそうな映画のリメークは少ないので、挑戦する 意気は買うが、脚本にさえがなく、カメラワークも凡庸で、殺陣の考証もよろしくなく、凡作ではないかと、思う。

 

 

 

 

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ