heridesbeemerのblog

映画、プログラミング、モーターサイクル、猫、SW20

Kingdom of Heaven(USA/2005)

Kingdom of Heaven(USA/2005)

監督: リドリー・スコット220px-KoHposter

脚本: ウィリアム・モナハン

出演: オーランド・ブルーム、エヴァ・グリーン、エドワード・ノートン、ジェレミー・アイアンズ、リーアム・ニーソン、ブレンダン・グリーソン

配給: 20世紀フォックス

公式サイト:

評点(5点満点)

4star

 

ストーリー

フランスのどこかの山村で、鍛冶屋をしているBalian(オーランド・ブルーム)のところへ、Godfrey of Ibelin(リーアム・ニーソン)という騎士が訪ねてくる。Godfreyは、Balianに”お前は私の息子でエルサレムにいって、ともに十字軍を助けよ。”という。いったん、Balianは、ことわるのだが、結局、父とともに、エルサレムに行くことに同意する。しかし、道中で、トラブルがあり、その傷がもとでGodfreyは、メッシナで落命してしまう。Balianは、そのまま、エルサレムに向かうが、途中で船は難破し、なんとか、身一つ馬一つの状態で、エルサレムに、たどり着く。エルサレムは、Baldwin IV(エドワード・ノートン)の治世で、イスラム教徒と和平を保つべきであるというTiberias(ジェレミー・アイアンズ)と、イスラム教徒と対決すべきであるというGuy de Lusignan,Raynald of Chatillon,テンプル騎士団が、内部抗争中であった。

そして、Balianは、Baldwin IVの妹のSybilla(エヴァ・グリーン)の訪問を受ける。

やがて、Baldwin IVはなくなり、Sybillaの定められていた婚約者のGuy de Lusignanが、王になり、サラディンのイスラム教徒勢と戦端を開くことになる。王の率いる十字軍勢力は、118774日のハッチンの戦いで、サラディンの率いるイスラム教徒勢に完敗し、ほとんど全滅した。

Balianは、王と意見を異にし、ハッチンの戦いには参加しなかったが、エルサレムの防衛を託されることになった。エルサレムには、ごく少数の騎士と、多数の市民が残っているだけであった。。。。。

 

コメント

やはり、リドリー・スコットというのは、大変な才人だ。この手の映画を作らせたら、彼の右に出る人はいないのではないだろうか。歴史的真実(Balianは、もっと大人であった。Baldwin Ivの次に、子供のBaldwin Vの治世が3年ほどある。実際には、サラディンは、エルサレム攻囲戦の前に、無血開城を勧告している。BalianSybillaはいっしょになることはない。)とは、違うところが多々あるけれど、それらを抜きにすれば、非常に丁寧に作られた秀作だと思う。

Sybillaのエヴァ・グリーンも、この映画で掘り出し物の好演。女王という位置にふさわしいオーラがにじみ出ていた。この人はフランス人で、ハリウッド系映画にはほとんど出ておらず欧州中心に活躍しているみたいだが、今後に期待したい逸材だと思う。

エドワード・ノートンは、Baldwin IVの役なんだがマスクをかぶっているので、最後のクレジットを見るまでわからなかった。圧巻は、やはり、エルサレムの攻囲戦のシーンであろう。

唯一、感心しないのが、フランスの騎士どころかイスラム教徒勢も、何から何まで、登場人物全員が英語をしゃべっていたんだが、すごく違和感ある。

この劇場公開版は、145分なんだが、もっと、評判のいい、ディレクターズ・カット版は、さらに47分長いそうで、Sybillaのキャラクターがもっと良く描かれているそうである。

結論

歴史をベースにしたフィクションと割り切れば、いいと思う。筋は歴史的真実と違うが、時代考証もそれなりされているし。レッドクリフのことをおもえば、何倍もいいと思う。作るのにお金がかかっていることがよくわかる作品だ。こういう、お金がかかる歴史物は、なかなか最近は、作られない傾向にあるのだが、これは、是非、ディレクターズ・カット版を入手してみずばなるまい、と思った。

 

人気ブログランキングへ

Life or Something Like It(USA/2002)

Life or Something Like it(USA/2002)

邦題:ブロンド・ライフ220px-Life_or_Something_Like_It

監督:ステフェン・ヘレック
脚本:ジョン・スコット・シェファード、ダナ・スティーブンス 

出演:アンジェリーナ・ジョリー、エドワード・バーンズ、トニー・シャループ

公式サイト(IMDB)http://www.imdb.com/title/tt0282687/

評点(5点満点):

4half_star

 


ストーリー

レーニー・ケリガン(アンジェリーナ・ジョリー)は、いつか全国ネットワークのキャスターになることを夢見るシアトル・ローカルTVのレポーター。シアトル・マリナーズの強打者カル・クーパーがフィアンセで、仕事の点でも私生活でもパーフェクトだと思っていた。街の預言師ジャックに会うまでは。

木曜日に、街の預言師ジャックを仕事でインタビューすると、ジャックは、その夜のフットボールゲームのスコア、そして、明日雹が降ることを予言した。そして、彼は、もうひとつ、レーニーが、来週の木曜日に死ぬという事も。

そしてその夜、予言どおりのスコアで、シアトル・シーホークスがフットボールに勝ち、翌朝、予言どおり雹が降った。レーニーは、そのことで、自分の人生の意味を考え直しはじめる。遠征から帰ってきたカルと話し合うと、カルとは、なにも彼女と共通のなにかも愛もないということがわかった。悩んでいるレーニーに、アドバイスは、おもいもかけず、ふだんいがみあっていたカメラマンのピート(エドワード・バーンズ)から来た。。。。

 

コメント

脚本は秀逸。アンジェリーナ・ジョリーの演技は、素晴らしい。いつものごとく、rottentomatoesでは、ひどいスコアだが、私は、104分の枠に、うまくまとめていていいと思うけどね。これが、ラジー賞のワーストアクトレスのノミネーションになったなんて信じられない。

結論

もちろん、アンジェリーナ・ジョリーのファンは必見。アンジー27才の時の作品。佳作のロマンスものみたい人にもおすすめ。是非、オリジナルの英語で、日本語字幕なしでみてもらいたいと思う。日本語は、字幕でも相当、原作のよさが失われていると思う。ブロンド・ライフという邦題は、ラジー賞にワーストジャパニーズタイトルというものがあれば、受賞確実のひどい選択だ。

 

人気ブログランキングへ

Domino(USA/2005)

Domino(USA/2005)

監督:トニー・スコット

出演:キーラ・ナイトレー、ミッキー・ローク、クリストファー・ウォーケン、デルロイ・リンド、ジャクリーン・ビセット、ルーシー・リウ

公式サイト(IMDB)http://www.imdb.com/title/tt0421054/

評点(5点満点)

1star

 

ストーリー

ドミノ(キーラ・ナイトレー)は、両親が離婚して、母親について、ハリウッドに移り住むが、その環境になつけずに、ある日、街でみかけた、賞金稼ぎ(バウンティ・ハンター)になるためのセミナーを見つけ、飛び込みで、話を聞く。ところが、セミナーの開催者は、$99もとったのに、話の半分を終えたところで、ずらかろうとする。それを、みつけた、ドミノは、私は、賞金稼ぎの仕事がいるんだ!、と逃げ去ろうとするエド(ミッキー・ローク)たちの車を止めた。しょうがないので、エドは、ドミノを雇ってみることにした。最初の仕事は、エド、チコと3人で、LA市内に隠れているアフリカン・アメリカンの男を捕まえることだった。。。。。。

 

コメント

この映画の主人公ドミノ・ハーベイは、実在の賞金稼ぎである。しかし、映画の筋は、完全なフィクションであると思われる。この映画は、比較的ビッグネームの人が、沢山でている。トム・ウェイツまで、なんだか、わけのわからない伝道師で出てるし、ジャクリーン・ビセットも、ドミノの母で出てる。しかし、No Country for Oldmen にあるような緊迫感はないし、主人公に感情移入もできないし、アフガンから移民してきた男が、グロいデコレーションのキャンピングカーを運転してるってのも、妙だし。主役のキーラ・ナイトレーは、悪くはないんだが、どーにも、話の展開が、今3で、のりにかける。多分、2時間の枠に、ドミノの人生の前半部とか、トム・ウェイツの伝道師のシーンとか、ディテールを沢山詰め込みすぎたんだと思う。結果として、すべてが印象的でないシーンの連続だ。

 

結論

キーラ・ナイトレー、ミッキー・ロークのファン以外はパスしていいと思う。

 

 

 

人気ブログランキングへ

Planex MZK-WNH 結論

Planex MZK-WNH 結論

 

前の記事でも、書いたが、このラウターは、基本的に、連続運転するとWANと切れて、自動復帰しない。WANと切れるのは、しょうがないが自動で再接続に行かないのは、大問題だ。そもそも、ログを見るかぎり、切れていることを認識できてない気配。(ちなみに、うちは、アッカネットワークス(e-access)ADSL 12Mbps使用で富士通のADSLモデム)だいたい、1日半ー2日で、問題の現象がおきる。

そこで、やむなく、有休資産のオーディオタイマーを引っ張りだして、毎朝5時に5分だけ休ませることにした。更に、ファームウェアは、1.28に、ひとつロールバックした。それで、だいたい、1ヶ月近くやったが、経過は、良好だ。

なかみは、どうやって作っているのかしらないが、ログなどからみるかぎり、Linuxかなにかをつかってるんじゃないか、と思う。Linuxカーネル使ってるなら、ソース開示していないと、GPL違反なんだが、どこにも、ソースを公開している気配はない。Linuxにしろ*bsdにしろ、かつかつのRAMでは、メモリ管理がうまくないので、多分、長く動かしているうちに、カーネルレベルで、メモリが不足して割り当て不可になって、動作問題がおきてるんじゃないかと、思う。

結論としては、

MZK-WNHは、1日に1度は必ず休ませないといけない。この条件を守るかぎりよい製品

ということだ。Planexも、F1カーのスポンサーで金使うくらいなら、ファームウェアのバージョンアップなど、まじめにやってもらいたいと思う。個人的には、今、このラウターがつぶれたら、次はPlanexは、買わず、NECかバッファローを買うだろう。

 

人気ブログランキングへ

Coma(USA/1978)

Coma(USA/1978)

監督: マイケル・クライトン

出演:ジュヌビエーブ・ビジョルド、リチャード・ウィドマーク、マイケル・ダグラス

公式サイト: http://www.imdb.com/title/tt0077355/

評点(5点満点)

3star

 

ストーリー

ボストン記念病院に勤める若き外科医のスーザン(ジュヌビエーブ・ビジョルド)は、親友のナンシーが中絶手術の最中に麻酔事故で、昏睡状態に陥いり脳死したことにショックを受ける。しかし、その事故に疑問をもったスーザンは、調べてみると、翌日にも、また、同じような昏睡事故が起きたことを知る。そして、コンピュータ技師に頼んで、ボストン記念病院での昏睡に至るケースが異様に多い事に気づく。さらに調査をつづけると、すべての昏睡事故は、手術室8で起きていること、そして、昏睡状態の患者は、郊外にある、ジェファーソン・インスチチュートに送られている事がわかった。ジェファーソン・インスチチュートが週に1度開いている外部向けの説明会に参加した、スーザンは、説明会が終わったあとも、施設にとどまり、そこが、実は、昏睡患者の臓器売買を行う場所であることを知る。そして、なんとか、施設を抜け出したスーザンは、外科部長のハリス(リチャード・ウィドマーク)にすべてを告げるが。。。。。

 

コメント

最後まで、息をつかせずみせるというサスペンスの壷は押さえられて作られている。主役のジュヌビエーブ・ビジョルド、敵役のリチャード・ウィドマークも、ハマりどころだ。音楽は、最近のに比べると古さは否めない。マイケル・ダグラスは、若くて、院内政治にばかり関心のある頼りない医師のやくどころ。時間も長すぎずに、よくまとめられている。

 

結論

70年代サスペンスの佳作。

 

人気ブログランキングへ

The Sum of All Fears(USA/2002)

The Sum of All fears(USA/2002)

監督:フィル・アルデン・ロビンソン

出演:ベン・アフレック、モーガン・フリーマン、ジェームズ・クロムウェル、キアラン・ハインツ、リーブ・シュライバー

公式サイト:http://web.archive.org/web/20030422221041/http://www.sumofallfearsmovie.com/

評点(5点満点)

1half_star


ストーリー

1967年の中東戦争の際に、撃墜されたイスラエル空軍機に搭載されていた戦術核爆弾が、掘り起こされて、ブラックマーケットに流れる。その爆弾を利用して、米・露の衝突を引き起こし、欧州の復権を目論む人たちがいた。。。。。。。

 

コメント

トム・クランシーのベストセラーを下敷きにしたものであるが、原作では、陰謀を企てるのは、たしかイランのバックがついた中東の過激派ということになっていたが、映画では、欧州の極右になっている。また、原作では、主役のジャックライアンは、副長官クラスまで出世しているが、映画では、まだ駆け出しのアナリストというところ。原作の日本語訳を読んでいるが、映画は、ものたらない。たしかに、核爆発の映像や、空母がノックアウトされる映像などはあるのだが。米・露首脳のやりとりも、フェール・セーフなどにくらべると、今3くらいだ。2時間の枠で、入れ込むには、難しいストーリーであるのは、たしかだが、この手の物に必要不可欠な緊迫感というものが、だいぶ弱い。

 

結論

映画は金をかければいいのよ、というのはなりたたない見本だと思う。原作の小説は、最後の方に相当な見せ場があるのだが。小説レベルのものを期待すると失望するのではないかと思う。

 

人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ